虫歯の治療について

最近歯石がいきなりとれたことが発端となって、何年かぶりに歯医者に行きました。
とりあえず歯石が取れたので歯科検診と歯石取りをお願いしたのですが、検診の結果一か所虫歯が見つかりました。
「虫歯かあ~」と思い、複数回通うことを覚悟したのですが、実際に虫歯の治療をしたのは一回だけでした。
そんなにひどい虫歯ではなかったのかもしれませんが、昔かよった歯医者では虫歯の治療は何回も何回も歯医者に通ったイメージがあったので
今は治療の技術が進んだのかなと思ってしまいました。確かに治療の時は歯医者特有の「ういーん」という音とともに歯を削られていたかったのですが、
これも気のせいかもしれませんが、昔に比べると頭に響く音が軽減されているような気がして痛みもなかったような気がします。
そして液体を歯に塗られて治療完了と驚くほど短時間で終わりました。
まだ進行具合が深刻ではなかったのかもしれませんが、虫歯の治療としては今まで生きてきた中で最速でした。
むしろ歯石のお掃除のほうが2回通ってもまだ終わっていないため深刻だったのだと思っています。
死ぬまで自分の歯と付き合っていきたい思っているので、普段からのケアと定期的な歯科検診は必要であると感じました。

定期健診の頻度について

定期健診に行かなきゃと思いながら行かずに虫歯になった人は少なからずいるでしょう。その一人が私です。おかげで18歳に初めて銀歯を入れることになりました。高校までは17歳くらいまでは親に勧められて半年に一回入っていたのですが、18歳になったころには虫歯に対する慢心が生まれ1年周期でもいいや、と思い始めました。結果1年後の検診で小さな虫歯二つ大きな虫歯1つが発見され銀歯が1つできました。そのときに半年に一回というサイクルが私にはよいサイクルなのだと思いました。定期健診を頻繁にすれば結果的に診察料の節約にもなります。虫歯が気になるけど歯医者にはあまり行きたくないという方は半年に一回定期健診を受けるサイクルをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です